藤原紀香、愛之助との結婚に大反対した人物を明かす「一般の職業の人にしなさいと」

[ 2019年5月31日 22:27 ]

女優の藤原紀香
Photo By スポニチ

 女優の藤原紀香(47)が31日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。16年3月に結婚した歌舞伎俳優の片岡愛之助(47)との馴れ初めや、再婚に反対した人物の名を明かした。

  愛之助との交際報道が出た時は「本当に付き合ってなかった」が、「事務所のスタッフに“付き合ってないのか”と聞かれて、付き合ってないと答えたら“まぎらわしいことするな。もう会うな”と言われた」という。

 その後は会うのをやめていたが、愛之助から連絡があり「“事務所の一番トップの社長さんに電話してきました。紀香さんとお付き合いをきちんとさせていただきたいです”って」と男気に惚れたと語った。

 紀香は09年にお笑いタレントの陣内智則(45)と離婚しており、2回目の結婚だったが、再婚に一番反対したのは「ウチの母です」と告白。

 「(愛之助を)紹介しに行ったら“私は会いません。許しません”って。台所の端に行ってしまった。母は(再婚相手は)絶対に一般の職業の人にしなさいという気持ちがあった」と母の気持ちを語った。

 母の不安はほかにもあったそうで「あちらの世界は私たちとはかけ離れているという誤解があった。そして、もう一つ。“たくさんチケット買わないといけないんじゃないの。ノルマがあるんじゃないの”と。母さんそんなことはないんですよと」とのやり取りを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年5月31日のニュース