原田龍二 約50分間の会見 不貞行為の相手は「2人」「彼女とか、そういう関係ではない」

[ 2019年5月31日 21:02 ]

<原田龍二不倫釈明会見>会見を終え引き揚げる原田龍二(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 複数の女性ファンとの不倫を週刊文春に報じられた俳優の原田龍二(48)が31日午後6時半から、東京MXテレビ(千代田区)で記者会見に臨み、報道を「すべて事実です」と認めて謝罪した。公園の敷地内に止めた愛車内で不貞行為に及び、「軽率な行動により、常日頃から応援してくださっているファンの皆様、スポンサーの方々に大変ご心配、ご迷惑をおかけいたしました。申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げた。

 同局のレギュラー番組「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)に生出演後、ダークスーツに紺のネクタイ姿で出席。会見時間について、所属事務所から「みなさんの質問がなくなるまで」の回答後、約50分間に渡って対応した。

 不貞行為に及んだのは「2人」とし、インスタグラムを通じて誘った。いずれの女性とも車内でのみの逢瀬。会食したり、ホテルで会ったこともなければ、プレゼントも贈ったことも「ない」といい、「彼女とか、そういう関係ではないです」と話した。

 元女優の夫人とは2001年に結婚。10年に及んだ交際期間中にも浮気した時期があったことを明かし、今回の騒動では「本当に、あなたは直らない。病気?」とあきれられたという。02年に誕生した長男は「ママにこんな思いをさせて許せない」と怒っており、06年生まれの長女からも「何やっての」と叱咤するメールが届いている。

 取材陣が「病気なんですか?」と質問すると、「(病気という言葉を使ったのは)叱責の一つですね」と強調。この日の番組で共演したミッツ・マングローブ(44)から「性欲が強いのね」と指摘されたことを明かし、別の記者が「強いのですか?」と聞き直すと「強いですね」と言い切った。

 すでに、夫人、実弟で俳優の本宮泰風(47)とその妻でタレントの松本明子(53)、母親との5人で「家族会議」を開いて謝罪。母親は泣き崩れ、松本は「大丈夫、大丈夫。きちんと謝罪すれば許してくれるよ」と本宮とともに支えてくれた。

 裸芸で新たな人気を集める中でのスキャンダル。ブレークのきっかけとなった「恩師」でダウンタウンの浜田雅功(56)からも「ちゃんと反省して家族だけを愛しなさい」と励まされた。

 原田は「恥ずかしいことをした」などと謝罪の言葉を並べ、「車はすぐに買い替えたい」と語り、具体的な時期については「妻と相談します」とポツリ。「仕事がなくなったら、お遍路さんするしかないな」とも話し、別の不倫相手の存在も「ない」と否定した。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年5月31日のニュース