話題のテレ東ドラマ「きのう何食べた?」6月に渋谷で展覧会開催

[ 2019年5月30日 14:55 ]

テレビ東京「きのう何食べた?」でダブル主演する西島秀俊(左)と内野聖陽
Photo By スポニチ

 テレビ東京は30日、放送中の連続ドラマ「きのう何食べた?」の展覧会をパルコと共同開催することを発表した。

 同作は「モーニング」(講談社)連載中で単行本累計発行部数500万部を超えるよしながふみ氏の同名コミックが原作。料理上手で几帳面な倹約家の弁護士・筧史朗(通称シロさん)とその恋人で人当たりが良い美容師・賢二(通称ケンジ)の同居生活を食を通じて描く人気ドラマ。人気コミックの実写ドラマ化とあり、放送前から話題となっていた同作。放送後には「きのう何食べた?」が世界トレンド1位になる盛り上がりを見せた。

 初回平均視聴率3・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタート。第1話の見逃し配信は同局の無料動画配信サービス「ネットもテレ東」で配信開始から155万回を突破し、歴代最高再生数を記録。5週連続100万回再生を記録するなど、大きな反響を呼んでいる。

 展覧会の開催期間は6月13日~7月7日までの25日間で、会場は東京・渋谷GALLERY X BY PARCO。

 展覧会では、原作やドラマが丁寧に表現している“あたたかくて優しくて、時にはほろ苦い人生の機微”をドラマの舞台セットの再現や、ドラマで使用された小道具、数々の名シーンの場面写真ともに、原作コミックの複製原画も展示する。会場では、展覧会ならでは限定オリジナルグッズの販売も行う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年5月30日のニュース