藤井聡太七段の師匠、杉本昌隆七段が八段に昇段 七段昇段後190勝を達成

[ 2019年2月22日 15:03 ]

将棋の杉本昌隆七段
Photo By スポニチ

 将棋の杉本昌隆七段(50)は22日に行われたテレビ棋戦に勝ち、2006年2月の七段昇段後190勝を達成。規定により同日、八段に昇段した。プロ棋士の八段は、最高の九段に次ぐ段位。

 故板谷進九段門下で愛知県出身の杉本は1990年10月に四段昇段。史上最年少棋士・藤井聡太七段(16)の師匠として知られている。両者は3月5日に行われる順位戦のC級1組で、32年ぶりの師弟アベック昇級を目指している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年2月22日のニュース