石原さとみ 新CMで“くずれない”貴重な稽古シーン&街を駆け抜ける

[ 2019年2月22日 06:10 ]

花王のメークブランド「ソフィーナ プリマヴィスタ」の新CMに出演する石原さとみ
Photo By 提供写真

 女優の石原さとみ(32)が今月下旬から放送開始の新CMで、貴重な舞台稽古シーンとさっそうと街を駆け抜ける姿を披露している。

 この新CMは花王のメークブランド「ソフィーナ プリマヴィスタ」の化粧下地とパウダーファンデーションをアピールするもので、同ブランドのコンセプト「絶対、くずしたくない。」を強く打ち出していく。

 新CMの「舞台稽古編」(22日放送開始)では、稽古に没頭しながらどんなに熱中しても、動き回っても、どんな表情をしても、化粧くずれが気にならない石原をプリマヴィスタの下地が支える様子を描き、「駆け抜ける編」(24日放送開始)では人込みをかき分け、さっそうと走り、夕方になっても、走っても、どんなに寄っても、毛穴レスなキレイな仕上がりが続く様子を生き生きと伝えていく。

 撮影で石原は稽古シーンの台本も真剣にチェックし、本番と同時にスイッチが入れると、セリフとともにさまざまな表情に変わっていく様子がまるでドラマを見ているようだったといい、高いヒールを履いているにも関わらず、笑顔で走り抜けてみせた。

 出演にあたり石原は、1日がかり行った撮影を振り返りつつ「メークが崩れてないか、しっかり見ていただき(商品の)凄さを知っていただけたらうれしいです」とアピール。プライベートで“崩れそう”と思ったことは「友達とそば打ち体験をしまして、手も顔もそば粉まみれになった時は、さすがに崩れそうと思いました」と、笑顔でエピソードを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月22日のニュース