羽田圭介氏、芥川賞受賞で家賃3倍以上に…175万円のソファー、防音室も

[ 2018年12月12日 09:48 ]

作家の羽田圭介氏
Photo By スポニチ

 作家の羽田圭介氏(33)が11日深夜放送のTBS「有田哲平の夢なら醒めないで」(火曜後11・56)に出演。芥川賞受賞前後の生活ぶりの変化を明かした。

 羽田氏は2015年に「スクラップ・アンド・ビルド」で芥川賞を受賞。芸人の「ピース」又吉直樹(38)と同時受賞だったことが話題を呼び、その後は芸能界でも活躍している。

 受賞前は家賃7万5000円のワンルームマンションで生活していたが、現在は家賃24万円、駐車料3万円の都内のタワーマンションに引っ越し。部屋には175万円のソファーや高さが自由調節できるデスクが置かれ、趣味のオペラを熱唱できる防音室も完備している。

 恋愛については、テレビ番組の企画で理想の女性と出会うチャンスがあったといい、「理想の女性がいらっしゃって、(企画内で)対面で公開告白して振られた。悔しいなあと思って、帰りのタクシーで女性の名前を検索したら、昔、陣内さんといろいろあったって出てきて『何だよ!』って思いました。『何で陣内さんはいいのに、俺はダメなんだよ』ってむかついた」と苦笑い。話を聞いていた陣内智則(44)は「何やねん、その話」とツッコんでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月12日のニュース