山田孝之「早死にする典型」、台本通りに慟哭…気を失い救急車呼ばれる

[ 2018年11月24日 08:34 ]

(左から)ロボオ、荒川良々、山田孝之、佐藤健、山下敦弘監督
Photo By スポニチ

 俳優の山田孝之(35)が23日、都内で主演映画「ハード・コア」(監督山下敦弘)の初日舞台あいさつに佐藤健(29)と登場した。

 ストーリーにちなみ“ハードな生き方”のトークに。佐藤が「台本に慟哭(どうこく)するとあったら、慟哭して気を失って、救急車を呼ばれた」と山田の驚きのエピソードを公表。山田は「人生いつもハードだと思っています。勝手な使命感でやっています。早死にする人の典型じゃないかな」とクールに語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月24日のニュース