志尊淳 写真集発売イベントで“神対応” 6時間かけて約3000人と握手

[ 2018年11月24日 13:42 ]

「志尊淳 セカンド写真集 『23』」の発売記念イベントに登壇した志尊淳
Photo By スポニチ

 俳優の志尊淳(23)が24日、セカンド写真集「23」の発売記念イベントを都内の書店で開催した。

 イベントにはファン約3000人が来場する見込みで、志尊が1人ずつファンと握手を交わす。書店の広報担当者によると「人気のある方のイベントでは1000人くらい集まることはよくあるが、3000人というのは珍しい。6時間くらいは掛かると思う」。今年、大ブレイクを果たした志尊クラスの人気俳優がファンと触れあうイベントに登場することはまれで、まさに神対応といえる。

 事前に写真集の握手特典付きの前売りチケットを販売。写真集はイベント会場で渡される仕組み。時間を区切っているため、現地では混乱なくイベントは進行。集まったファンはほとんどが女性。志尊と会えるブースから出てきたファンは満足した表情で大切そうに写真集を抱えていた。

 志尊にとっては4年ぶりの写真集。初めて訪れたハワイで、大自然の中でリラックスした表情から、夜のダウンタウンで男の色気を感じさせるショットまで、ありのまま志尊を披露している。イベントでは、来年の目標については「先が見えない。どうなるかわからない。これまでの取り組みは変えずに、先が見えないことを楽しんでいきたいです」と語っていた。

 志尊はNHK連続テレビ小説「半分、青い」(18年度上半期)の「ボクテ」役をはじめ、「女子的生活」(NHK、1月)、「トドメの接吻」(日テレ系、1月期)、「ドルメンX」(日テレ系、3月)など話題のテレビドラマに出演し、LGBTの難しい役どころから宇宙人まで、多彩な演技を見せた。映画「走れ!T校バスケット部」(11月3日公開)では主演を務めた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月24日のニュース