藤田ニコル、月旅行より「火星のほうが行きたい」 結婚願望告白「次の彼としちゃうかも」

[ 2018年10月16日 12:38 ]

マリアローザ「b.b.duo(ビービーデュオ)」セカンドコレクションに登壇した藤田ニコル
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの藤田ニコル(20)が16日、都内で行われた自身がデザイン監修したウエディングドレスブランド「b.b.duo(ビービーデュオ)」のセカンドコレクション発表会に登壇。同じ事務所所属の女優・剛力彩芽(25)と交際中のネット通販「ZOZOTOWN」運営会社社長の前沢友作氏(42)の月旅行プランについて聞かれると、「うちは火星のほうが行きたいかも」と切り返し、笑わせた。

 同ブランドは藤田が初めてデザイン監修を務め、ブランドテーマを“自由奔放に・思いのままに”を意味する「BOHO(ボーホー)ウェディング」とし、今年4月に発表。そのセカンドコレクションとして今回、全20種類12型をお披露目。藤田は「今回のテーマがヴィンテージシック。大人っぽいのも増えましたね。第2弾、第3弾と続いていけたらいい。自分のドレスを友達が着てくれるのは嬉しい」と笑顔を見せた。剛力にも「結婚するだったら、ぜひ着てもらいたい」とアピールした。

 自身の結婚については「(結婚願望は)ありますよ。親のためにも早めに(したい)。憧れはあります」とキッパリ。「もし次、彼氏ができて、結婚しようって言われたら、結婚しちゃうかも。アホだからしちゃうと思う」とあっけらかん。理想の男性像は「尽くすタイプですけど、わがままだから、年上の、自分より知識がある人がいい。35、6歳までだった大丈夫かも。同業者じゃないと無理だと思う。芸能の人のほうが憧れがありますね」。

 ただ、所属のオスカープロモーションは“25歳まで結婚できない”というルールがあると言われる。それでも、藤田は「どうなんですかね。暗黙のルールなのかな。私はしちゃいますけどね。自分は特別枠だと思って、お仕事しているけど。ダメって言われたら守るけど。恋愛は止まらないですからね」とニヤリ。

 理想のプロポーズは「日常生活の中で普通に家で『結婚しちゃう?』みたいな簡単な感じがいい。さらっと、とんでもないことを言われたい。“しようぜ!”じゃなくて、“しちゃう?”って聞いてほしい。何年後かにはあると思いますけど、早めに頑張ります」とニッコリ。結婚式についても「お父さんがいないので、代わりに梅沢(富美男)さんに(ヴァージンロードを)歩いてもらったりしたい。来てくれるかな」と夢を膨らませた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年10月16日のニュース