高橋克典 正月3日の生放送司会に「緊張」も 母校の箱根5連覇へエール「祝勝会に駆けつけたい」

[ 2018年10月16日 14:19 ]

「第62回NHKニューイヤーオペラコンサート」司会者会見に出席した高橋克典
Photo By スポニチ

 俳優で歌手の高橋克典(53)が16日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた「第62回NHKニューイヤーオペラコンサート」(2019年1月3日、後7・00)の司会者会見に出席した。

 高橋はEテレで放送中の初心者向けクラッシク音楽番組「ららら♪クラシック」(金曜後9・30)で、昨年から司会を務め、軽快な司会ぶりが好評を得ている。今回の司会抜てきに「大変なことになってしまいまして。生放送の伝統ある、クラシックのこんな素晴らしい番組の司会を務めさせていただくことになりました」と恐縮しきり。「ららら♪クラシック」は収録で番組制作を行っていることから「両親がクラシック畑の人だったので、幼少期から耳なじみはあったんですが、クラシックの敷居が高いというか、威厳が鼻について抵抗のある人間だったんですけど、収録の時は言いたい放題で、しっかりと編集していただいている」と収録の裏側を明かしつつ、「今度の生放送はとっても緊張しております」と続けた。

 「(クラシックへの)尊敬をだいぶ持てるようになってきたので、今は好きです」とし、「誰が何を歌うかは全然知らないので、本番でしか聞けないので、それを物凄く楽しみしている。そこで初めての感動を生放送でさらすことになるので、その辺のリアクションに気をつけたい。言葉をちゃんと選びたい」と笑わせた。

 高橋は箱根駅伝での5連覇を目指す青山学院大出身。毎年、母校の応援でも話題を集めている。「5連覇に向けて応援は物凄くしていて、チョコチョコと原監督とメールしながらいつも見ているんですけど、今年は仕事が入ってしまったので、僕は僕で自分のことを頑張ります」としつつも「夜の祝勝会には行けるスケジュールにしているので、ぜひ祝勝会に駆けつけたい」と話した。

 同コンサートは62回目を迎え、世界のクラシック界、オペラ界で活躍する一流の日本人たちが勢ぞろいする、日本クラシック界における紅白ともいうべきイベント。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年10月16日のニュース