PR:

ブラマヨ小杉 挑戦の前に体力測定 体脂肪率46・7%にトレーナー絶句「この数字で走りきった人は…」

フルマラソンに挑戦することになり、大阪市内で体力測定を行った「ブラックマヨネーズ」小杉竜一
Photo By スポニチ

 第8回大阪マラソン(11月25日)でフルマラソンに挑戦することになった漫才コンビ「ブラックマヨネーズ」の小杉竜一(45)が11日、大阪府大東市内で本番に向けて体力測定を行った。

 本紙が8日に報じて以降、相方の吉田敬(45)からは「まじか!」と突っ込まれ、MBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56、関西ローカル)で一緒にMCを務める武井壮(45)からも「死んだら代わりを誰にやってもらおうかな」といじられたと告白。周囲からは、元巨漢芸人で、09年東京マラソン参加中に一時心肺停止となり、緊急搬送された松村邦洋(51)の“二の舞”を心配する声もあがったという。

 そんな中、最初に行った体重測定で、公称115キロの身体が自己最高を更新する119・2キロにまで巨大化していることが判明し、「やばい…」と一言。高校ラグビー部時代は88キロだったが、芸人になって一時は63キロにまで減ったというから、そこからほぼ倍増は驚きだ。さらに46・7%を記録した体脂肪率で、本番も含めてサポートするトレーナーを、「この数字で走りきった人は見たことがない…」と絶句させた。

 体力検査でも、腹部に巻き付ける計測器用のベルトが贅肉で締められず、腕が太すぎて血圧計が巻けないなど相次ぐ“メタボハプニング”に「やめますわ」と投げやりになる場面も。ただ、高校時代の“貯金”で筋肉量は人並み以上と分かり、トレーナーから「トレーニングすれば完走できる可能性もある」という明るい言葉を引き出し、次第にやる気もアップ。

 同じメタボ体型のガリガリガリクソン(32)が12年に6時間22分48秒の、制限時間内(7時間)で走りきったことも知らされて奮起。完走宣言こそ出なかったものの「準備不足でも“小杉やりよったな”と言われるような走りをみせたい」力を込めた。ただ、禁酒指令や食事制限がこの日はなかったことから「お酒は指導されるまでは飲みたい。お菓子も食っていいか聞いてみたい」と話し、報道陣を笑わせていた。

[ 2018年10月12日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月19日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル