たけし 山根氏イジり「終身27時間監督」 フジ山崎アナ「そんな黒い組織じゃない」

[ 2018年8月13日 18:08 ]

「27時間テレビ」出陣記者会見に出席したビートたけし(左)と村上信五
Photo By スポニチ

 タレントのビートたけし(71)と「関ジャニ∞」の村上信五(36)が13日、都内で行われたフジテレビ「FNS27時間テレビ」(9月8日後6・30〜同9日後9・54)の出陣記者会見に出席した。2人は総合司会とキャプテンとして、2年連続でタッグを組む。

 昨年は「歴史」をテーマにしたが、32回目となる今年は「にほん人は何を食べてきたのか?」をテーマに、“食”を通じて日本の文化や歴史を紐解いていく。2年連続での起用に、たけしは「やるやつがいないんです。みんな私に押し付けるんです」とボヤキ。それでも「私の場合は27時間はそんなに辛くない。真面目なことをずっとやっているのは辛いけど、結構バラエティーですから。ありがたいことです。あまり仕事って気がしないもん、申し訳ないよ、ギャラもらったら」と頭をかいた。

 「去年の27時間はずっと2人でやっていて、俺が先に死んだら、名誉27時間顧問としてミイラとしてここに座るって言っていた。終身27時間監督という、とりあえず、俺のミイラの像が立っているという、それくらい利権で稼ごうと思う」といきなり世間を騒がせている日本ボクシング連盟の会長を辞任した山根明氏(78)をイジった。そんな言葉に、司会を務めた同局の山崎夕貴アナウンサー(31)が思わず「そんな黒い組織じゃない」と“弁明”する展開となった。

 その後もたけしは「イスが違うよ、イスが!」「カンロ飴がないじゃないか」「ダメだよ、鶏は」「カリスマなんだから」「妻と話して、27時間やろうってことになった」「うまいかどうかは、奈良判定になるから」と連想させるワードを次々に繰り出し、悪ノリ。そんなたけしに対し、村上も「シャンパンもフルーツも置いてますから」「楽屋にありますよ」「リストはありますから大丈夫です」「やっぱりカリスマやから」「足立判定になる」と絶妙なフォローで盛り上げた。

 31回目の昨年(9月9日後6・30〜10日後9・24)は、内容を一新。お笑いに特化した従来のスタイルから大きく舵を切り、「にほんのれきし」をテーマに、バラエティーをはじめ、ドラマ・アニメ・スポーツなども交え、日本史を掘り下げた。例年7月下旬に生放送で行われてきたが、初の9月放送で、ほぼ収録となった。27時間を通しての平均視聴率は8・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。歴代最低に終わった前年2016年の7・7%を0・8ポイント上回った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年8月13日のニュース