坂上忍“叱責”にフジ榎並アナ「浮足立っていた」 安藤優子キャスターもツッコミ

[ 2018年8月13日 14:23 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(51)が13日放送のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)に生出演。進行でミスをした同局の榎並大二郎アナウンサー(32)を“叱責”する場面があった。

 番組では、日大のチアリーディング部で起きた女性監督による女子部員へのパラーハラスメント問題を取り上げた。

 そんな中、坂上は「頭がパニクってるのに分かったようなふりして、台本めくったって何もないから」と進行の榎並アナにチクリ。榎並アナは「ちょっと1枚、読み飛ばしてしまったところがありまして」と苦笑すると、坂上は「それを読み飛ばしたお陰で私はすごく頭に来てですね、はい」と“叱責”。榎並アナは「ちょっと気が気でない状況が…」と大慌て。

 榎並アナが読み飛ばしたのは、女性監督が他の部員の誤解を解かなかった理由として「事の大きさが分からず浅はかだった」と発言したというものだったことから、坂上はさらに「なぜこれを飛ばしたらいけなかったかというと、『何を言ってるんだ、この監督は!』ってことなんですよ。あなたが飛ばしたおかげで、そういう空気にならずに進んでいったんですよ」と“口撃”を続けると、「ブラックマヨネーズ」の小杉竜一(45)から「絶賛、叱責中ですよ」とツッコミが入った。

 番組の終了間際にも、坂上は「生放送でやって、こういったニュースとかを扱っていると、それは間違いはいろいろありますけど、やっていい間違いとやっちゃいけない間違いはある」と神妙な面持ちでコメント。「ちょっと情報を仕入れてきたんですけど、榎並、この後、ドラマの撮影があるらしくて、それでなんか、もしかしたら『俺、ちょっとドラマビューしちゃうよ』『アクターだよ!』みたいな、それで大事な1枚飛ばしちゃったかな」とチクリ。すると、榎並アナは首を横に振りながら「ちょっと浮足立っていたというのは否めない。失礼しました」と正直に非を認めて謝罪し、スタジオを笑わせた。

 続く「直撃LIVEグッディ!」(月〜金曜後1・45)とのリレーコーナーでも、安藤優子キャスター(59)が「榎並くん、役者になるの?」とツッコミ。榎並アナは「役者にはなりません。浮足立っていただけです」と弁明し、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年8月13日のニュース