足立梨花 W杯注目の選手は大迫に加え「同じ世代の宇佐美選手とか柴崎選手とかプラチナ世代」

[ 2018年6月23日 19:22 ]

「キスできる餃子」公開記念舞台あいさつ(左から)足立梨花、田村侑久
Photo By スポニチ

 女優の足立梨花(25)、「BOYS ANDMEN」の田村侑久(27)が23日、都内で行われた映画「キスできる餃子」(監督秦建日子)の公開記念舞台あいさつに出席した。

 2人は24日にサッカーW杯1次リーグ第2戦でセネガルと対決する日本代表について言及。高校生時代サッカー部キャプテンだった田村は「勝つんじゃないですかね」と予想。

 かつてJリーグ特命PR女子マネジャーを務めた足立は「今、W杯他の組も荒れているので、まさかのできごとが起きてるからどうなるかわからない。どうであれ、私たちは応援するだけ。勝ってくれって願いをロシアに送り続けるしかない」と語った。注目の選手を聞かれると「大迫選手にもがんばってほしいですが、同じ世代の宇佐美選手とか柴崎選手とかプラチナ世代にがんばってほしい」とエールを送った。

 イベントの冒頭では2人が観客の持っていた「キス餃子半端ないって」というパネルに食いつき、喜ぶ一幕もあった。

 同映画は宇都宮を舞台にバツイチ子持ちのシングルマザーが実家の餃子店の再建に奮闘しながらイケメンゴルファーに恋するラブコメディ。最後には田村が「みんなが餃子食べながら(W杯)応援するっていうのはどうですか?」と提案し、足立が「いいですね」と笑顔を見せていた。 イベントにはほかに佐野ひなこ(23)、秦建日子監督も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年6月23日のニュース