堀ちえみ 難病「特発性大腿骨頭壊死症」をTV初告白 坂口憲二も悩まされ活動休止に

[ 2018年5月4日 19:15 ]

堀ちえみ
Photo By スポニチ

 タレントの堀ちえみ(51)が4日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)に出演。国指定の難病「特発性大腿骨頭壊死症」を患っていることをテレビ初告白した。

 2015年、ある日、腰に激痛が走ったが、最初の診察で異常は見つからず。しかし、その後、入浴しても右足が温まらない症状などが出たため、初診から半年後、右足全体を検査。病名が判明した。

 股関節を構成する大腿骨頭が、血流の低下によって壊死する原因不明の難病。堀は人工股関節置換術を受け、通常の歩行可能まで回復した。堀は「再婚して幸せになろうと約束した矢先に(夫に)迷惑ばかり掛けて」と振り返り、涙した。

 「特発性大腿骨頭壊死症」は、俳優の坂口憲二(42)も悩まされ、今年3月31日に無期限活動休止を発表したことでも話題になった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年5月4日のニュース