藤井六段、史上6人目全勝1期通過!史上4人目の年間60勝も

[ 2018年3月16日 05:30 ]

笑顔で対局を振り返る藤井六段(右)と三枚堂六段
Photo By スポニチ

 将棋の中学生棋士、藤井聡太六段(15)が15日、東京都渋谷区の将棋会館で順位戦C級2組の最終戦に臨み、三枚堂達也六段(24)に85手で勝利し同組でただ一人10戦全勝で終えた。名人戦につながる同棋戦。藤井は2月の対局ですでに来期の同1組昇級を決めていたが、史上6人目の全勝1期通過で花を添えた。「いい形でフィニッシュできてうれしく思う」と充実感をにじませた。

 変化の激しい横歩取り戦で、ベテランのように落ち着いた指し回し。「途中でゆっくりした展開になり、そこから“模様”の良さを生かすことができた」と振り返った。昨年7月に藤井に勝っている三枚堂も「研究した形に持ち込もうとしたが、その前に変化されて引きずり込まれた」となすすべがなかった。

 これで公式戦は15連勝。さらに2004年度の羽生善治竜王(47)以来、史上4人目の年度60勝目と記録尽くしの勝利だった。今年度は勝利数や勝率など記録全4部門を独占し「長いスパンで意識はなかったが、一局一局全力で臨み結果が残せたのは良かった」。中学生として迎える残り2局も、平常心で臨む。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月16日のニュース