大橋純子、食道がん公表…ステージ1 声帯に影響なく“復帰し歌う”

[ 2018年3月16日 05:30 ]

食道がんが見つかったことを公表した大橋純子
Photo By スポニチ

 「シルエット・ロマンス」などのヒット曲で知られる歌手の大橋純子(67)が15日、都内で会見し、初期の食道がんであることを明かした。決定済みの仕事はキャンセルし年内は治療に専念する。「いまだに実感がないが覚悟はできている。次は元気で帰ってきたと会見したい」と話した。

 がん細胞が発見されたのは食道の中間あたり。2月中旬の定期検査で異常が見つかり、同27日の再検査でがんと断定された。

 「ステージ1くらいで転移もない。早めに治療すれば根治できるのでは」と診断され、来月18日から6月15日までのコンサート5公演や、ディナーショーなど予定していた仕事計約15本をキャンセルする決断を下した。「痛みも特にないし食欲もある」と、自覚症状はない状態。「休業でご迷惑をおかけしますが、ここで無理をするよりしっかり治してこの後の歌手人生に懸けたい」と話した。

 治療法は手術による患部摘出、放射線、抗がん剤などが考えられるが、どれを採るかは補足の検査結果が出る今月末ごろ決める。

 のどや食道のがんは手術を選べば、声帯に影響が及ぶケースも多く、過去に食道、喉頭がんを患った故立川談志さんが手術を拒否。喉頭がんを患ったつんく♂(49)は当初放射線療法を選択するも再発し、声帯を摘出した。大橋も「声帯に影響がないか、真っ先に質問した」と明かしたが「医師からは、まったく問題ないと言われました」と、歌声と引き換えに手術をするリスクはないと説明した。

 どの療法を選んでも年内には復帰できる見通し。デビュー45周年に入る来年、万全の体調で戻るのが目標で「がんとの共存は選ばない。あとは私の体力の問題。しばらく休むが、次に期待していただければ」と力強く語った。

 ◆大橋 純子(おおはし・じゅんこ)1950年(昭25)4月26日生まれ、北海道夕張市出身の67歳。74年6月デビュー。78年に「たそがれマイ・ラブ」で日本レコード大賞金賞、82年に「シルエット・ロマンス」で同最優秀歌唱賞。79年のNHK紅白歌合戦に出場。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月16日のニュース