水野美紀 出産後のうれしい変化を赤裸々告白「見たことのない絶景がここに」

[ 2018年3月10日 14:30 ]

女優の水野美紀
Photo By スポニチ

 女優の水野美紀(43)が10日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜正午)にゲスト出演。昨年7月に第1子を出産してからの“うれしい変化”を明かした。

 16年6月に俳優でイラストレーターの唐橋充(40)と結婚し、昨夏にママとなった水野。水中出産などいろいろな出産方法が選べたそうだが、その中から「時代劇で見たことがある」という理由で「和室でひもを引っ張りながら出産」する方法を選んだという。

 「痛みに耐えながら、だんだん楽な姿勢を必死で探るんですけど、最終的に落ち着いたのが四つん這いの体勢で。産まれる瞬間もこう、四つん這いで…」と身振り手振りを交えて出産時の様子を振り返った水野。夫の唐橋も立ち会ったそうだが「泣くのはギリこらえていた」。夫は後日、「ポーンって出てきたよ。頭が出てきてからはロケットみたいに出てきた」とベビー誕生の瞬間を独特の表現で語っていたという。

 出産後「性格が穏やかになった。よその子もみんなかわいい」と自身の性格が変化したことを明かした水野だったが、他にも喜んでいることがあるという。それはバストの大きさで「母乳もあげたので、すごいことになったんです。胸が。見たことのない絶景がここに」と赤裸々な告白。「つかの間のものっていうのは分かっているので、見たり写真撮ったり、胸元開いた服を着てみたり」と大きくなったバストを満喫しているそうだ。MCの伊野尾慧(27)が「具体的にどのくらい(大きくなった)?」興味津々に聞くと、水野は「ABCDEF…Gぐらいはあったと思います」。伊野尾が「妄想が膨らみます」と返すと、久本雅美(59)は「お前は落語家か!」と突っ込み、スタジオは爆笑に包まれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年3月10日のニュース