PR:

北島三郎 失意の会見「寂しい つらい」次男・大野誠さん 死因は心不全「音楽のとってもいい仲間だった」

亡くなった誠さんの思い出話に涙をこらえる北島三郎
Photo By スポニチ

 次男で作曲家の大野誠さんが51歳で亡くなっていたことが分かった演歌歌手の北島三郎(81)が7日夜、東京都内のホテルで会見した。

 「大事な大好きなかわいい我が子が先立ってしまった。そんなつらさがございます」と憔悴(しょうすい)しきった様子で切り出した北島。「息子が作ってくれた曲を私が歌って、“きょう、ノッてたかい?”と聞いたら“ノッてたよ。でも、おれたちのノリとちょっと違うね”と言われたり…」「彼は僕の歌を認めてくれる一人。息子でありながら、音楽のとってもいい仲間だった」「(音楽家として)ものすごく買ってます」などと、同じ音楽の道に進んだ我が子との思い出を時折、言葉を詰まらせながら語った。

 「どんな言葉をおくりたいか?」と聞かれると、「テレパシーでいいから、旅だった空から何か俺が困っている時には、ひとっ節が出るような何かを送ってほしい」とし、「正直、寂しい。つらい」と話すと涙をぬぐった。さらに、「忘れない。お前も忘れないでくれ」「しゃべっていると、どうしても涙が出ます。つらいです」などと絞り出すように話した。

 北島は自身の半生をつづった2014年4月のスポニチ本紙連載「我が道」で「二男の誠も作詞家として一緒に作品を作ったりする関係です。気が付くと、いつの間にか親子の立場がすっかり逆転していて、今では子供たちに心配かけないようにしなければならないと思っています。どこの家庭でも同じだと思いますが…」と共作の思い出とともに家族愛をにじませていた。

 大野さんは「大地土子(だいち・とこ)」名義で作詞・作曲家として活躍。北島が歌ったNHK・Eテレのアニメ番組「おじゃる丸」のオープニングテーマ「詠人」「夢人」のほか、北島と北山たけし(44)の“親子初共演”として話題となった「路遥か」を手掛けるなどした。

 また、ロックバンド「1st BLOOD」のボーカル「MAKOTO」として1988年8月にデビューするなど、ミュージシャンとしても活動した。

 大野さんは3日に東京都調布市の自宅で服を着たまま倒れているのを親族に発見され、その後、死亡が確認された。1人暮らしで、連絡が取れなかったことから親族は警視庁調布署員とともに訪れた。死因は心不全だった。

[ 2018年3月7日 23:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月25日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル