押切もえが第1子出産「愛おしさで涙が止まりませんでした」ロッテ涌井パパに

[ 2018年3月7日 20:20 ]

第1子が誕生したロッテ・涌井秀章投手とモデル・押切もえ夫妻
Photo By スポニチ

 プロ野球ロッテの涌井秀章投手(31)の妻でモデルの押切もえ(37)が第1子を出産したことが7日、分かった。この日、自身のインスタグラムで報告した。出産日、性別は明かしていないが、赤ちゃん、涌井と3人で手をつなぐ写真をアップし「高らかな産声を聞いた瞬間は、感謝と喜び、愛おしさで涙が止まりませんでした」とママになった感動をつづった。「#安産」と安産だったことも明かした。

 「この度、新しい家族を無事に迎えることができました。とても元気な赤ちゃんです。産まれてきた我が子と初めて対面し、高らかな産声を聞いた瞬間は、感謝と喜び、愛おしさで涙が止まりませんでした。たくさんの方から励ましの声をいただき、この日を迎えられたことを心よりお礼申し上げます」

 2人は1年2カ月の交際期間を経て、2016年11月に結婚。17年10月にブログで第1子妊娠を発表した。

 押切は同11月にラジオ番組に生出演し「順調におなかの中で育っています」と報告。妊娠発覚時に涌井は遠征中で、LINEのメッセージで伝えたといい「驚いて喜んでました」。普段も「凄く(おなかを)なでて、いつも話し掛けたりしています。“ただいま”って言ったり。耳を寄せたりもしてます」と既にパパの顔になっていることを明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年3月7日のニュース