「メタル界の帝王」オジー、長期ツアー引退 自宅で過ごす時間優先

[ 2018年2月9日 05:30 ]

米ロック歌手のオジー・オズボーン=2010年6月、米カリフォルニア州
Photo By 共同

 「メタル界の帝王」と呼ばれる英国出身の人気ミュージシャン、オジー・オズボーン(69)が7日までに米ロサンゼルスで記者会見し、4月末からのワールドツアーを最後に長期ツアーからの引退を宣言した。音楽活動は続けるとした。「もう70歳だ。6カ月も続くツアーはしない」と語り、自宅で過ごす時間を優先させると理由を説明した。

 故郷バーミンガムでロックバンド「ブラック・サバス」を結成し1970年にデビュー。ステージ上で生きたコウモリをかじって病院に運ばれるなど過激なパフォーマンスでカルト的人気を誇った。エルトン・ジョン(70)、ポール・サイモン(76)もツアー活動からの引退を表明しており、洋楽ファンには残念なニュースが続いている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年2月9日のニュース