たむけん“仮想通貨騒動”に言及「貯金切り崩してまでやったらアカンと…」

[ 2018年2月9日 21:46 ]

ナイトスクープに出演するたむらけんじ
Photo By 提供写真

 ABCテレビのバラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」(金曜後11・17)の見習い秘書、川添佳穂アナウンサー(27)が9日、同局での収録に臨んだ。

 探偵局員で出演するたむらけんじ(44)とは川添アナが出演する同局「おはよう朝日です」(月〜金曜前6・45)で1年半共演する。2人は収録後、取材対応し「アナウンサーとしての良さを出そうとしすぎた。感情が入りすぎた」と指摘したたむらは、川添アナを「80点」と採点。その言葉に気をよくしたのか、川添アナは見習いから正式な秘書昇格への意欲について問われると、「どうぞどうぞ、行けます」と意欲。早朝と深夜番組との掛け持ちにも「大丈夫です」と自信を見せた。

 タレントでバイオリニストの3代目秘書・松尾依里佳(34)が出産のため先月、番組を卒業。当面、見習い秘書を週替わりで置くという。3月9日放送分。

 また、たむらは芸人仲間らに仮想通貨投資を勧めたことから、取引所大手「コインチェック」から約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した騒動でクレームが殺到した一件についても言及した。

 自ら「発信源です」と告白する一方、「(芸人仲間には)貯金切り崩してまでやったらアカンと忠告してきた。こんな巻き込まれ事故、あるんやと思った」と回想。「貯金全額」をつぎ込んでいたことを明かしたお笑いコンビ、藤崎マーケットのトキ(33)が「全部あの人のせい」とした糾弾に対しても、「もう少し(忠告を)言っても良かったかもしれないが。彼は突っ走った」と自身の責任を否定。「芸人としてはおいしいのをもらった、と思う」とまで言い切った。

 自らも購入したNEMについては「僕は塩漬けタイプ。仕込みは終わりました。2年後、僕が芸能界をやめたら仮想通貨でもうかってやめたんやと思ってもらっていい」とまで豪語。芸能界引退の目安については「100億」と語り、真偽不明の笑みを浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年2月9日のニュース