テリー伊藤、星野仙一氏を悼む「体調悪いのを知らなくて…」

[ 2018年1月7日 10:55 ]

テリー伊藤
Photo By スポニチ

 演出家のテリー伊藤(68)は7日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。4日にすい臓がんで急逝した楽天球団副会長の星野仙一氏(享年70)を悼んだ。

 番組MCの「爆笑問題」田中裕二(52)はかつてTBSのスポーツ番組「S☆1」でMCを務めており、星野氏についても「何度も取材をさせていただいた」とし、「僕が巨人ファンというのもご存じで、『大変だな、仕事とはいえ、俺みたいなのは嫌だろう』と気を遣ってくれて。そんなことはないんですけど」とエピソードを披露。「本当にやさしい方で、楽天と巨人との日本シリーズを制して優勝して胴上げの直後にもインタビューさせていただいて、本当にうれしそうで…。そこで初めて、日本シリーズで巨人を倒すという一番の夢を成し遂げたのが印象的」と続けた。先月の初頭にも公の場に出ていていたこともあり、「ついこの間までお元気でしたよね」と突然の別れに驚いた。

 タレントの武井壮(44)は楽天時代に球団に取材した時を振り返り、「優しさもあるし、グラウンドに立つと選手たちもピリッとして、本当に素晴らしい監督だった」としみじみ。女優の夏木マリ(65)は「阪神ファンなので、勝利に導いてくれたので神。普段の行動は本当に素敵に映ってましたね。びっくりしちゃいました。70(歳)じゃ若すぎる…」と悔しがった。

 テリーは昨年11月22日に行われたパーティーで星野氏と会ったといい、「5分ぐらい話す機会があって、体調悪いのを知らなくて…」と当時を回顧しつつ、東京と仙台(球団の本拠地)がどっちがいいかと聞いたら、仙台だと選手にも会えるし、球場もあるんだよなって。選手といたいんだなって。それだけ(球団のことを)思っていた。(楽天で巨人を破って日本一を実現し)野球人としては最高の人生だったなと」と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年1月7日のニュース