ダンプ松本が“乱入” 報道陣の指摘に「ぶっとばす!」

[ 2018年1月7日 18:34 ]

「アイドルにさせといて!」囲み取材に応じたダンプ松本
Photo By スポニチ

 女子プロレスラーのダンプ松本(57)が7日、都内で配信番組「アイドルにさせといて!」(FRESH!By CyberAgent)の公開生放送に登場した。

 同番組は「平成の夕やけニャンニャン」を目指しており「夕ニャン」と聞きつけたダンプが“乱入“した。

 放送を終えたダンプは「(夕ニャンと)似たような感じ!お客さんも少なくて、自分の若い時のプロレス時代を思い出して初心に戻れる」と笑顔を見せた。しかし共演したアイドルの中にはあまりの迫力に放送中泣き出してしまう子も。報道陣からこの子たちは孫くらいの世代では?という指摘されると「ぶっとばす!」と竹刀を手に。だが、泣かせたアイドルの女の子は小学5年生と聞くと「確かにそうなんだよね…。プロレスでも新人のおばあちゃんが私と同い年だから…」と苦笑いした。

 1985年当時の「夕ニャン」について聞かれると「あの時は本当に忙しかったから…寝かせてくれよ!って思ってマジで怒ってた」と告白。番組で共演した片岡鶴太郎(62)がヨガで激やせしたことをについても問われると「やせててすごい気持ち悪い。どうしちゃったの?って感じ」と話した。

 現在も現役のレスラー。試合も定期的に「やってます」と笑顔。2018年の抱負を聞かれると「プロレスが盛り上がってほしい。それが願いです」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年1月7日のニュース