青学大・原監督「陸王」に緊急出演!運命のニューイヤー駅伝 竹内涼真らの走りを“アドリブ解説” 

[ 2017年11月26日 17:30 ]

日曜劇場「陸王」に本人役で急きょ出演する青学大・原晋監督(左は初田啓介アナウンサー)(C)TBS
Photo By スポニチ

 2015年から箱根駅伝を3連覇している青学大陸上部・長距離ブロックの原晋監督(50)が26日に放送されるTBS日曜劇場「陸王」(日曜後9・00)の第6話に急きょ出演することが分かった。劇中の「ニューイヤー駅伝」の中継で、解説を担当。本人役でドラマ初出演を果たす。放送前日という“異例”の収録を敢行。“原解説”が運命のレースを盛り上げる。

 池井戸潤氏の同名小説を原作に、経営危機にある創業100年以上の老舗足袋業者・こはぜ屋が会社存続を懸け、ランニングシューズ“陸王”の開発に挑む企業再生ストーリー。原監督は走法指導と監修としてドラマに参加。サッカー経験者の竹内涼真(24)、日大で02年に箱根駅伝9区を完走した和田正人(38)、芸能界屈指の運動能力を持つ佐野岳(25)らランナー役の出演者を鍛え上げた。

 第6話は中盤のヤマ場。ケガから復帰したダイワ食品陸上部・茂木裕人(竹内)と、アジア工業陸上部・毛塚直之(佐野)がニューイヤー駅伝で火花を散らす。茂木はこはぜ屋の“陸王”、毛塚はアトランティスの“RII”を履き、両シューズメーカーの争いにもなる。

 今月上旬に群馬県内で行われた「ニューイヤー駅伝」の撮影には、約7000人のエキストラが参加。 “人足し”と呼ばれるCG合成処理は行わず、リアルな観衆が映像に迫力を与えている。今回の原監督の緊急出演も、リアリティーを追い求める一環。収録は放送前日の25日午後9時半から3時間にわたり、東京・赤坂のスタジオで行われた。

 同局は「今回のニューイヤー駅伝は単なるレースではなく、茂木の復帰、引退を決めた平瀬(和田)のラストラン、“陸王”のデビューと、さまざまな意味合いを持つので、熱い思いを伝えられる人物は原監督しかいない、と急きょお願いしました。加えて、本物感を出すため、3時間をかけ、分厚い解説が加わっております」と起用理由を説明。オンエア上は実況の同局・初田啓介アナウンサー(47)とワイプで顔を出す予定という。

 原監督は竹内ら“教え子”たちのマラソンシーンを、臨場感あふれる言葉で解説。「最初は少し緊張しましたが、楽しかったです」と振り返り、笑顔。「魂のある言葉で伝えないとリアル感が出ないんです」と台本なしの“アドリブ”に挑み「ドラマを見ている人がレースに入り込むような言葉を、ワクワクするような言葉を話せるように私なりに努力しました」。独特のフレーズが飛び出す。

 5月から指導した竹内については「変わりました。最初は400メートル1周走るだけでもバテていましたが、今は軸もしっかりして、足さばきの回転も速いんですよね。映像からは素人に見えません。本当に鍛えたランナーという印象。彼の努力ですね」と絶賛。「陸上関係者以外の皆さんにドラマを見てほしいと思います。そして、陸上・駅伝というものが格好いいんだと、陸上ファンになってほしいんですよね」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年11月26日のニュース