上沼恵美子、貴乃花親方の“沈黙”に理解「白票で投票しているのと一緒。抗議」

[ 2017年11月26日 12:29 ]

タレントの上沼恵美子
Photo By スポニチ

 人気タレントの上沼恵美子(62)が26日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演。大相撲横綱・日馬富士による平幕・貴ノ岩への暴行問題について沈黙を貫く貴乃花親方(45)について言及した。

 日本相撲協会の協力要請を拒否するなど、問題発覚後、沈黙を続けている貴乃花親方について、上沼は「実はしゃべっている。選挙でいえば白票で投票しているのと一緒と私は思う」と持論。「(日本相撲協会に)あきれている。話せば丸く収められてしまうと思っている」とダンマリの真相を推測した。

 その上で「あとは警察に委ねようというのは、正解」と、同親方が考えているであろう方針に理解を示し、あらためて「(沈黙しているが)しゃべっている。抗議をしているということ」と続けた。

 また、日馬富士が力士同士の会合で酒に酔った上での暴行だったことへの批判も。「酒はそれだけ怖いということ。けじめはご自分でお付けになって」と突き放していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年11月26日のニュース