羽生、4回転ルッツ成功に熱視線 ロシア杯フリー瞬間最高25・4%

[ 2017年10月23日 09:30 ]

フリーの演技を終えポーズを決めながらファンにあいさつする羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 21日にテレビ朝日系で放送されたフィギュアスケートのグランプリシリーズ第1戦「ロシア大会 男子フリー・女子ショートプログラム(SP)」(後7・18〜同9・30)の平均視聴率が14・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。

 瞬間最高視聴率は午後9時20分の25・4%で、フリーの演技を終えた羽生がキス&クライで得点を確認する場面だった。

 男子では、SP2位の羽生結弦(22=ANA)がフリー1位の195・92、合計290・77点で2位だった。フリーで初挑戦となった冒頭の4回転ルッツに注目が集まった。

 羽生はやや長めの助走から大技に入ると、高い跳躍からきっちり4度回った。腰を沈めながらも踏ん張って着氷。身体能力の高さを生かして決めきった。それでも逆転勝利は届かず、SP1位のネイサン・チェン(18=米国)がフリー2位の193・25点、合計293・79点で優勝した。

 20日の「男子SP」(後8・16〜同9・54)の平均視聴率は15・0%。瞬間最高視聴率は午後9時46分の21・8%だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年10月23日のニュース