×

秋元康氏プロデュースの劇団員31人お披露目 リーダー岡田穂乃佳「ド素人なりの熱量で」

[ 2017年8月23日 15:42 ]

お披露目された秋元康氏がプロデュースする「劇団4ドル50セント
Photo By スポニチ

 秋元康氏(59)がプロデュースする「劇団4ドル50セント」の旗揚げ発表が23日、都内で行われ、女性21人、男性10人の劇団員31人がお披露目された。

 昨年9月に秋元氏が劇団プロジェクトを発表してから約1年、5000人の応募者の中からオーディションを重ねて選ばれた15〜27歳の31人。11月3〜5日に東京・青山スパイラルホールでプレ公演を行い、来年2月8〜12日の新宿・紀伊國屋ホールが旗揚げ本公演となる。

 この日は全員でアンサンブル演技を行い、秋元氏が作詞の楽曲「少年よ空を見ろ!」、「愛があったら」で歌とダンスも披露。ほとんどが演技未経験ながら、リーダーの岡田穂乃佳(20)は「ド素人なりの熱量で、人の心を動かせるようがむしゃらに稽古を積みたい。日本一の劇団になることが目標です」と高らかに宣言した。

 現役の植木職人でもある最年長のうえきやさとし(27)は、「断トツで最年長ですが、メンタルが弱く皆に助けてもらうことが多い。でも熱をなくさず、どんどん上を目指していきたい」と意欲。“体型採用”を自任する隅田杏花(21)は、「体を張って笑わせたい。舞台ではオーバーオールを着るので、石塚英彦さんのようなグルメリポートもしてみたい」と夢をはせた。

 AKBグループ同様、劇団内での恋愛は禁止で、青木遼(21)は「劇団の外については何も言われていないので芝居に生かせればとは思うが、ちゃんと芝居に尽力しなければいけないので視野には入っていません」と微妙な答え。岡田が「劇団が最優先なので、成功させるために集中したい」と助け船を出したが、隅田が「私は募集中です」と笑いをとり存在を主張した。

 また、元AKB48研究生の長谷川晴奈(20)も再挑戦で合格し「アイドル時代は自分をどう出せばいいか分からず、埋もれている部分があった。アイドルで学んだことを生かして、もっときずなを深めて日本一を目指したい」とあらたな意欲。秋元氏は、「芝居も歌もダンスも、そんなにうまくない人間たちが1からやろうとしているのでチームワークもいい。きっといいものができると思う」と期待を寄せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2017年8月23日のニュース