“島崎遥香のための役”で朝ドラ初出演 オーディションの「際立つ演技」評価

[ 2017年4月26日 13:56 ]

「ひよっこ」新キャスト発表に出席した島崎遥香
Photo By スポニチ

 女優の有村架純(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月〜土曜前8・00)の“東京編”新キャスト13人が26日、東京・渋谷の同局で発表され、“ぱるる”こと元AKB48の島崎遥香(23)が朝ドラに初出演することになった。ヒロイン・谷田部みね子(有村)が働く「すずふり亭」の料理長・牧野省吾(佐々木蔵之介)の娘・牧野由香を演じる。

 島崎の起用理由について、菓子浩チーフプロデューサーは「若手はほとんどオーディションをしたのですが、島崎さんのお芝居の感じが面白くて(本来なかったが)この役が生まれた。際立って見えました」と明かした。島崎はこの役について自身に通じる部分があると話し、「本当はこうじゃないのに、周りからなんでこう思われるんだろうというのはあります。強がりもあるし、そう意味で思いあたるふしはある」と語った。

 元AKB48メンバーの朝ドラ出演といえば、昨年の「とと姉ちゃん」で好演した川栄李奈(22)が話題になったが、ライバル心はあるか聞かれると「見ていないので…」と塩対応の“ぱるる節”。「参考にしていないですし、ライバル心もないです。今までもライバルは23年間いたことがない。ここが、ゆとり世代だと思う」と語り、笑いを誘っていた。

 フリーアナウンサー・古舘伊知郎(62)の長男・古舘佑太郎も朝ドラ初出演。菓子CPは、起用理由について「俳優のお仕事したばかりで、まっすぐに取り組んで、すごいピュア。なので役にピッタリ合うと思った」と明かしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年4月26日のニュース