PR:

矢口真里、父は元ヤン 有名な暴走族に所属「超プレーボーイ、めちゃくちゃモテた」

タレントの矢口真里
Photo By スポニチ

 タレントの矢口真里(34)が22日放送のテレビ朝日「こんなところにあるあるが。土曜あるある晩餐会」(土曜後9・58)に出演。父親が元ヤンだったと告白し、2013年の不倫スキャンダルが発覚したときの親の反応について明かした。

 番組では「どっちが幸せ!?親が教師の芸能人と親が元ヤンの芸能人あるある」というテーマでトークを展開。“親が元ヤン芸能人”代表として、モデルでタレントの愛菜(23)、「爆笑コメディアンズ」秀作(36)とともに出演した。MCの今田耕司は「いろんな方に出演オファーしたが、これ(3人)しか集まらなかった」と裏事情を明かしてスタジオの笑いを誘った。

 幼少期のテレビ視聴ルールについて“親が教師の芸能人”たちが「バラエティー番組は禁止」「NHK以外は駄目」など厳しかった過去を振り返ったが、矢口はテレビは見たい放題だったといい、「コンプライアンスがアウトなバラエティーとか、Hなドラマとか全部深夜まで見られた。テレビゲームも24時間OKで「昔のファミコンってセーブできないので、夜までやって電源切らずに、寝て起きてからまたやってました」と語った。

 矢口は、父親が全国に支部がある有名な暴走族に所属していたと告白。“親が元ヤンあるある”では「親が改造車で学校にくる」という意見にうなずいて同意。「私も嫌でしたよ。ウチの親はバイクとかが好きな走り屋でした。某有名暴走族で、湘南のあたりをブワーと走っていた。マフラーの音とかが尋常じゃなかった。いまでも愛車はシャコタンです」といい、悲しかった思い出として「他の家族が近寄ってこない。孤立したりもしますね」と話した。

 恋愛については「ウチは超自由ですね」と話すと、今田が「いま(テレビ見ている)世間全員が“なるほどね〜”って思ったよ」とすかさず突っ込み。矢口は「お父さんが超プレーボーイで、若い頃にめちゃくちゃモテたんですよ。十数人付き合っている女性がいて、その中の一人選んだ女性が私のお母さんだったんです。お母さんと付き合っているときもほかに女性がたくさんいたんです。最後に選ばれたお母さんは、一番ヤンチャじゃなくて、家庭的なタイプでした」と両親の馴れ初めについて触れた。

 2013年に自身の不倫スキャンダルが発覚したときには「(親には)そんなにガツンと怒られなかったです。ちゃんと相手に謝れとは言われました。お前が自分でけじめをつけてこいと。そして私は離婚しました。“お前も学んだのだから、これを次に生かせよ”と言われました」と父からの教えを明かした。

[ 2017年4月23日 20:02 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月18日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル