なぜ家族残して…YOSHIKI、父親自殺への苦悩「生きているのがいやに」

[ 2017年2月9日 11:05 ]

「X JAPAN」のYOSHIKI
Photo By スポニチ

 「X JAPAN」のYOSHIKI(年齢非公表)が9日、フジテレビ「ノンストップ!」(月〜金曜9・50)にVTR出演。自殺した父親や、生命への強い思いを明かした。

 来月公開されるドキュメンタリー映画「WE ARE X」では、グループ結成やステージの舞台裏、メンバーの死などがメンバーの証言とともに展開されるが、その中で父親の自殺についても語っているYOSHIKI。番組のインタビューに応じ、当時の思いを口にした。

 裕福な家庭に生まれ、優しい両親の元で暮らしていたが、10歳の時に父親が突然の自殺。夏休みに帰宅すると、親族が集まる中で父親が横たわっていたという。「子供ながらに何かおかしいと思った」とYOSHIKI。「生きていないんだなと。自殺なので…。母は何も口にしなかったし、僕はひたすら泣いていた」と声を詰まらせながら当時を振り返った。

 「なぜ、家族を残して…という疑問が頭から離れなかった。分かったところで帰ってくるわけじゃない。そこを追求すれば追求するほど苦しいだけで、生きているのがいやだという感じだった」

 その日から家族の会話の中に父親はなくなり、自身も自暴自棄になって学校で暴れることもあったという。そんな中、支えたのが「ロックとの出会い」。母親がドラムセットを買ってくれたといい、そのドラムを叩き、歌詞を書くことで「どうにもならないネガティブなエネルギー」や苦しみを忘れることができたという。

 1993年に発表した代表曲「Tears」は、父親との思い出を形にしたものだ。苦しさを経験したからこそ生まれた命への強い思い。「簡単に命を絶ってはいけないんじゃないか。命は自分だけのものではない」ときっぱり。さらに「心の傷は一生消えない。だから傷と一緒に生きていくしかない」と力強く話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年2月9日のニュース