ぺえ、AKBオーディション落選した過去告白「えっ?」指原絶句

[ 2017年2月8日 05:30 ]

ぺえ
Photo By スポニチ

 原宿のカリスマ店員でお姉系タレントのぺえ(24)が7日深夜に放送された日本テレビ「今夜くらべてみました」(火曜後11・59)に出演。AKB48のオーディションに応募した過去を告白した。

 HKT48・指原莉乃(24)と「同い年の女」というくくりで重量挙げ女子の八木かなえ(24)、「水曜日のカンパネラ」コムアイ(24)とともに出演。それぞれ過去について振り返る中、ぺえはAKB48のオーディションに応募したものの、落選したと明かした。

 指原は「えっ?」と思わず絶句。ぺえは「大学4年の時にAKBのドキュメンタリーを見たんですよ。アイドルだけどすごく熱い。私これかもしれないと思った。秋元(康)さんってそろそろオネエを欲しているんじゃないかなと思って」と応募した意図を説明した。

 「9期とかだったと思います」と島崎遥香(22)、横山由依(24)らが合格した9期生オーディションに応募したと振り返ったが、9期生オーディションは2009年に行われたため、思い違いの可能性もある。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2017年2月8日のニュース