PR:

GACKT苦言の税関職員の態度…中田宏氏は理解「笑顔ではやってられない」

GACKT(左)と中田宏氏
Photo By スポニチ

 ミュージシャンのGACKT(43)が自身のブログで、税関職員の態度に苦言を呈したことについて、元横浜市長の中田宏氏(52)が「税関職員は笑顔ではやってられない」と異を唱えた。

 GACKTは3日付の「その国民の第一印象が決まる場所。」と題したエントリーでMV撮影のために日本に帰国したことを報告したが、成田空港での税関で「どう見てもボクの方が歳上でいくらなんでもその態度はないだろ?と瞬間的に殺気立ってしまった」と職員の態度に憤慨。「税関職員の方々、毎日、いろんな人を見て大変だと思います。ご苦労様です」とねぎらいつつも、「アナタ達が日本の入口になります、笑顔を添える余裕があれば、お願いします」と呼びかけていた。

 これに対し、中田氏は7日付のブログで「渡航先の税関職員がニコニコと素晴らしい態度だったことは寡聞にして知りません」と自身の経験を踏まえてコメント。税関は「犯罪の温床になるものの流入を食い止める最後の砦」とその役割を説明し、さらに「(日本に入国する)ほとんどの人が違法行為をしていない(と思います)が、全員『何かやっているに違いない』というくらいの姿勢でないと見抜けないでしょう」と、緊張を伴う職業とした。

 また、市長時代に米ロサンゼルスの空港で、何の疑いもないにもかかわらず別室に案内されて裸同然に調べられた過去について触れ「『私たちの安全を守ってくれてるから時間がかかるのも煩わしいのもしょうがないよね』という割り切りだった」という欧米の友人たちの反応を紹介した。

 その上で、「入国者の表情・態度・振る舞いから荷物の中身を推測しなければなりませんから、ニコニコするのは難しく、時にはコワモテ(強面)が必要な職務なのでしょう」と結論。GACKTが苦言を呈した職員の態度にも理解を示していた。

[ 2017年2月8日 11:16 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月14日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル