盗作騒動の益若つばさ 反省と覚悟「今日からまた気持ちを改めていきたい」

[ 2016年12月21日 14:40 ]

益若つばさ
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの益若つばさ(31)が21日、自身のブログを更新。自身がディレクターを務めるファッションブランドの盗作騒動について改めて謝罪し、「今日からまた気持ちを改めていきたいと思います」と決意をつづった。

 盗作騒動の発端は益若のブランドのロゴが、ヴィジュアル系バンドSuGのボーカル・武瑠が手掛けた「バラの花、アルファベット、矢」をミックスしたデザインに酷似していると指摘されたもの。騒動を受け、18日に自身のブログで「そんなことをするチームではないと思っていた」と釈明し、謝罪していた。

 この日のエントリーでは「みなさんたくさんの励ましのお言葉や厳しいご指摘のお言葉ありがとうございました」と感謝。「下手くそで不器用な事しか言えませんが、コメントを読んでいて少しでも伝わった方がいてくれて嬉しく、ありがたく思いました。1人で抱え込んでしまいやすい性格なのですが、本当に周りみんな、家族、お友達、スタッフ、ファンの方に助けてもらって支えてもらってるんだなぁと改めて実感しました」と現在の心境をつづった。

 盗作騒動については「真摯に受けとめ、またみんなでゆっくり前に進めるように日々精進してがんばっていきたいと思います。今まで通り変わらぬ愛情でモノづくりをし、今まで以上に気を引き締めていきたいと思います」と反省。「お騒がせしてすみませんでした。ありがとうございました。今日からまた気持ちを改めていきたいと思います」と騒動を詫び、前向きに覚悟をしたためた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年12月21日のニュース