爆笑問題・太田、母・瑠智子さんに別れ「最期まで強い人だった」

[ 2016年11月14日 12:28 ]

涙をこらえ喪主あいさつをする(右から)太田光と妻の太田光代氏、太田の相方の田中裕二

 8日に呼吸不全のため亡くなったお笑いコンビ「爆笑問題」太田光(51)の母、太田瑠智子(おおた・るちこ)さん(享年83)の葬儀・告別式が14日、東京・青山葬儀所で営まれた。

 長男で喪主を務めた太田は出棺時にあいさつ。「うちの母親からは一度も、弱音とか弱気なこととか人の悪口とか痛いとか、そういうことは聞いたことがなかった。最期も呼吸が苦しそうだったので“苦しいの?”って聞いたら首を振っていた。さらに、お医者さんから習っていた呼吸法をずっとやっていて、すごい強い人だと思った」と振り返った。

 心拍数が低下していく中で、「脈を上げる薬よりも緩和する方がいいのでは」との医師の提案を受け入れたという太田。心拍数がさらに低下してきた段階で、「慌てて越路吹雪さんの“愛の讃歌”と“バラ色の人生”を流したんですけど、聞き終わった瞬間にきれいに心拍が0になりました。息子ながら、本当にきれいな死に方だと思います。死ぬときはこうするんだと教えてもらった気がします」と結んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年11月14日のニュース