小沢氏激怒させた古市氏「擁護は松本さんと友達だけ」 松ちゃん「擁護してない」

[ 2016年8月8日 09:45 ]

「ワイドナショー」に出演した松本人志

 社会学者の古市憲寿氏(31)が7日に放送されたフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。ダウンタウンの松本人志(52)から、生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表(74)を激怒させた騒動について「その後どうなんですか。あれ以降、お仕事に変化はありましたか」と水を向けられ「特に変化はないです。良くも悪くも…」とコメントした。

 さらに「日本中で擁護してくれたのが、松本さんと友達のライターだけで、あとの人からは擁護の声がなかなか盛り上がらなかった」と振り返ったが、松本は「一言、言いたいんですけど、(自分は)擁護はしてないですよ」と古市氏の認識に注文をつけた。

 古市氏は6月にネット動画の党首討論で司会を務めたが、討論中に「再婚相手は見つかったか」と突然質問し、小沢氏が激高。後日、主催者サイドが謝罪コメントを出す騒動となった。討論中に古市氏は番組スタッフに渡された紙を淡々と読み上げる形で謝罪したが、インターネット上では質問内容と謝罪の仕方が悪いと批判された。

 6月26日に同番組に出演した際、古市氏は「すごい失礼で…。謝り方が特によくなかった」と反省。松本は自身も過去に同じような経験があったことを明かし「芸能人の大御所に一発かましたろうと仕掛けたこともある。仕掛けたということでナイスファイトと認めてほしい」と発言した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年8月8日のニュース