ベッキー復帰に賛否両論 上沼恵美子は軟化、西川史子は奥さん同情

[ 2016年5月16日 10:45 ]

不倫騒動で休業していたベッキーを擁護する、タレントの上沼恵美子。

 芸能界ではベッキーの番組復帰について賛否両論が飛び交っている。

 タレントの上沼恵美子(61)は15日、読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(関西ローカル)で「謝罪は心からのものだったと思う」と擁護。騒動直後に「したたか」などと批判の急先鋒(せんぽう)だったが、態度を軟化させた。

 女医でタレントの西川史子(45)はTBS「サンデージャポン」で「あの画面の中で、不倫や旅行したことを言うなんて、私が相手の奥さんだったら一生許せない」と批判した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月16日のニュース