山川豊が改名!?サミット開催に乗じて三重ゆかりの地で…

[ 2016年5月10日 09:22 ]

エビぞりになって三重県の名産・伊勢エビをPRする山川豊

 三重県出身の歌手山川豊(57)が9日、都内で主要国首脳会議「伊勢志摩サミット」(26、27日)の開催記念トークイベントに臨んだ。

 「みえの国観光大使」を務めており「伊勢志摩は景色が最高。各国の要人は絶景にびっくりすると思う」と、県の魅力をたっぷりとPR。兄で歌手の鳥羽一郎(64)は芸名が出身地の同県鳥羽市に由来していることを挙げ「僕もこのタイミングで“伊勢豊”とか“志摩豊”に変えようかな」と、世界中が注目するサミット開催に乗じて改名するという仰天プランを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月10日のニュース