ヒャダイン「重版出来」にゲスト出演 クリエイター役「スッと入れた」

[ 2016年5月10日 10:00 ]

「重版出来!」にゲスト出演するヒャダイン(C)TBS

 ももいろクローバーZらに楽曲を提供する音楽プロデューサーのヒャダイン(35)がTBS「重版出来!(じゅうはんしゅったい)」(火曜後10・00)の第5話(10日放送)にゲスト出演する。

 原作は「月刊!スピリッツ」(小学館)で連載されている松田奈緒子氏の同名漫画。週刊コミック誌「バイブス」の編集部を舞台に、新人編集者・黒沢心(こころ)(黒木華)らの奮闘を描く群像劇。

 ヒャダインが演じるのは、新人漫画家・大塚シュート(中川大志)の“絶対に売らなくてはいけない”初単行本の装丁を手掛ける人気デザイナー・野呂役。TBSドラマは初出演となる。

 ヒャダインは「自分と似た環境の役をやらせていただいたので、スッと入れました。ロケ地のデザイン事務所も超カッコいいので、こういう人生もあるんだなと思って、普段作業をしている自分の部屋を改造したくなりました」と役柄への感想。「ただ楽しくてやっていたら仕事のオファーがいっぱいきちゃったっていう手いっぱい感が、自分と野呂は共通しているなあと。台詞はあるんですけど、ドキュメンタリーでカメラが回っている感じに感覚が似ていましたね」と撮影を振り返った。

 東仲恵吾プロデューサーは「野呂役は、ジャンルこそ違えど一流のクリエイターという意味でヒャダインさんと相通じるものがあると思い、オファーしました。ヒャダインさんの自然な芝居や仕草は、作品に“無限の愛”を与えているクリエイターならではの顔で猛烈に感動しました。ぜひ、ご注目ください」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年5月10日のニュース