大野智「世界一難しい恋」 ストーリーのカギを握るのはキノコ?

[ 2016年5月10日 16:51 ]

「世界一難しい恋」に出演の波瑠

 日本テレビ系ドラマ「世界一難しい恋」(水曜後10・00)で、嵐の大野智(35)演じる鮫島零治社長の趣味に注目が集まっている。中でもキノコ観察の趣味は視聴者の間で話題になっている。

 「そうか、社長、キノコ好きだったんだwかわいいwと思ったけど、その告白はないっしょ!」「『きのこ男子』は果たして流行るのか!」「まさか、ヒロインの髪形がキノコっぽかったから?」など、ネット上での視聴者の反応をみると、大野のキノコ男子ぶりがどうも気になってしまうようだ。

 単なるドラマの中の1つのエピソードではなく、今後のストーリーの展開にもキノコが絡んでくるのか。注目される。

 4月27日放送の第3話、専門誌「季刊 キノコ便り」に自身が撮ったキノコが掲載されて大喜びする零治。この雑誌を波瑠(24)演じる柴山美咲に見せ、「オレはキノコが大好きだ…オマエのこともな」と口説こうとする展開だった。

 「キノコ便り」は5月4日放送の第4話でも登場。清水富美加(21)演じる堀まひろが、零治がキノコ写真を投稿していた雑誌を見つけ、秘書室の同僚たちととともににその趣味に引くものの、気になった美咲は書店で雑誌を手に取った。

 「季刊 キノコ便り」は実在しないが、「季刊 きのこ」という雑誌は存在する。また、零治が投稿したキノコ・タモギタケは、東北から北海道あたりでは鍋や汁物の具など食用として人気で、栽培もされている。

 雑誌のカバーを飾る特徴的なフォルムのキノコは、トガリアミガサタケ。実は東京・日比谷公園や、関西では京都御苑などでも見られる春のキノコとして人気。4話で零治がテントの中で眺めていたササクレヒトヨタケと共に、フレンチや中華の高級食材として珍重されており、煮浸しなど食べるのが通。単なるキャラ立ちのためのキノコ好きではなく、新しいホテルにつくるフレンチレストラン「五助」のシェフ探しをしていたテーマともしっかりシンクロしているあたり、脚本の妙味になっている。

 15年放送のフジテレビ系ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」で長谷川博己演じる高等遊民・谷口巧が人気を得るなど、一風変わった“趣味男”も話題となったが、キノコ男子が日の目を見るか注目したい。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年5月10日のニュース