被災地沿岸トレイル踏破挑戦 なすびが見た石巻「5年たってこれ?」

[ 2016年3月9日 11:17 ]

日和山公園から石巻湾を見つめるなすび。ぽつぽつと新しい建物が立っているが、まだ茶褐色の更地が多い。柵には震災前の同所を写した写真がかかっている

 福島県出身のタレントなすび(40)が、被災地の海岸線などをつなぐ「みちのく潮風トレイル」と呼ばれる道を歩いている。青森県八戸市から福島県相馬市まで全長約900キロの道のりを、約40日かけて踏破する。宮城県石巻市から同県東松島市の約35キロの歩行に同行し、大地震と津波の爪痕が残る道を行く思いを聞いた。

 宮城県牡鹿半島の西に浮かぶ田代島が、この日のスタート地点。震災の被害で一部が海面下に沈んだままの大泊港から、なすびとともにフェリーで石巻市街を目指した。

 「被災した福島県出身の僕が東北を歩き、現状を見て伝えたいと思った。出会った人に声を掛けることで、少しでも皆さんが元気になってくれたらと思っています」。立ち寄った場所や、出会った人の写真をフェイスブックに掲載して多くの人に被災地の今を知ってほしいという思いもある。

 石巻湾に注ぐ旧北上川河口にある船着き場を降りると、辺り一面に茶褐色の更地が広がっていた。所々に残る家屋の土台を見ると、そこにあったはずの家族の団らんが浮かび、胸が詰まる。お互いに言葉を交わさず、黙々と歩を進めた。

 高台の日和山公園で石巻の街並みを見渡すと、想像以上に空地が多い。「石巻は復興が早い方と言われるけど、5年たってこれ?とも思う。まだ仮設住宅も多い」となすびは立ちつくしていた。

 98年、バラエティー番組「進ぬ!電波少年」の懸賞金生活に挑戦して人気者になった。その後、俳優業に本腰を入れ、近年は東京と福島を往復しながら、主宰劇団の舞台などで活躍している。

 地元・福島県のテレビに出演していることもあり、東北では顔を見れば「なすび」と分かる人が多く、行く先々で声を掛けられる。はっきり言って資金はないが、自分が歩くことで、明るく交流ができるのではないか。そして、精神的な支援ができるのではないか。「応援してくれる人がいると思うと、誰だってうれしいでしょ?」。顔を合わせてこそ伝わる思いがあると信じている。

 そう考えて「みちのく潮風トレイル」を歩きだした。昨年11月、青森県蕪島(かぶしま)を出発し、仕事の合間を縫って歩く“区切り打ち”を続けている。この日までに33日で約700キロを歩いた。

 石巻駅近くの仮設商店街では、パン屋さんを営む谷地田けい子さん(65)と話し込んだ。震災前、旧北上川近くにあった店と家は川を逆流してきた津波にのまれたという。「19歳から商売ひとすじ。接客をしていないと寂しい。でも、元の場所に戻るのは怖い。本格的に店を構えるなら別の場所で頑張るつもり」と気持ちを明かした。そして「こんな所まで来てくれて、ありがとね!サービス!」と遠慮するなすびにパンを渡した。なすびは「皆さん“頑張って歩いて”と応援してくれます。僕は“頑張って”と声を掛けたくて歩いてるんですが…」と苦笑い。

 その後も声を掛けてくる人は後を絶たず、工事現場の男性から赤ちゃんまで27人と話し、一緒に写真を撮った。

 北上運河沿いを進み、東松島市に入ると、国道45号を、土砂や資材を積んだ工事車両がたくさん走っていた。復興への動きを感じたが、1本小道を入れば、荒れ野原や壊れたままの家があった。

 「僕は被災地を見続け、寄り添っていきたい。そしてその思いを伝えていく」

 今週は各地で舞台に出演。歩行は15日以降に再開し、3月中に福島県相馬市のゴールを目指している。

 ≪島の総人口より多い猫好き必見の島≫田代島は周囲約11キロ、人口約60人の小島。人より猫が多いといわれ“猫島”と呼ばれる。猫は江戸時代以前に、ネズミを駆除するために島民が飼い始めた。猫ブームの中で注目されており、外国人も訪れる。震災では仁斗田、大泊の両港が大きな被害を受け、天候次第でフェリーが運休となることもある。島のほぼ中央の山中には、大漁の神である“猫神”を祭る「猫神社」がある。

 ▼みちのく潮風トレイル 環境省が整備を進めている、海や山など自然を感じながら歩く長距離歩道。来年末までに全ルート確定。12年に策定した「三陸復興国立公園の創設を核としたグリーン復興のビジョン」に基づく計画の一つ。利用者が自然の恵みと脅威を学びながら、観光面などで被災地復興にも役立つことが期待されている。

 ◆なすび 本名・浜津智明(はまつ・ともあき)。1975年(昭50)8月3日生まれの40歳。福島県出身。福島県立福島東高校、専大卒。芸名はナスのような長い顔から。学生時代に「進ぬ!電波少年」に出演。その後、タレント、俳優として活躍。2013年からエベレスト登山に挑戦。これまで3度挑んだ。現在は、自身の主宰する劇団「なす我儘(がまま)」や、劇団「丸福ボンバーズ」で活動。出演作にドラマ「電車男」「トリック」など。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年3月9日のニュース