武井咲 冷雨にも女優魂で寒さ我慢「衣装失敗したかな…」思わず苦笑

[ 2016年3月9日 20:22 ]

映画「テラフォーマーズ」完成披露レッドカーペットイベントに出席した武井咲

 女優の武井咲(22)が9日、都内で行われた映画「テラフォーマーズ」(監督三池崇史、4月29日公開)の完成披露レッドカーペットイベントに、伊藤英明(40)、山田孝之(32)らとともに出席した。

 冷たい雨風が吹き付ける屋外で行われた同イベントに、デコルテを大胆に披露した肩出しドレスで登場した武井は、冒頭のあいさつで「衣装ちょっと失敗したかな(笑)」と露出した腕をさすりながら吐露し、「皆さんがこうして温かく迎えてくださったのでうれしく思います」と笑顔で感謝し女優魂を見せた。

 山田も「寒いし雨も降っている中、ここの場にいる自分を褒めたいと思います」とコメントして会場の笑いを誘った。同作は、週刊ヤングジャンプで連載中の大ヒットマンガを実写映画化したもので、火星で人型へ異常進化したゴキブリ「テラフォーマー」と、それを駆除するために特殊な手術を施された15人の日本人たちが戦う姿を描いたSFアクション。劇中衣装は細かく採寸して作られたそうで、着た感想を聞かれた武井は「ミリ単位で細かく採寸して作って下さったので、ぴったりサイズなんですけど、数日撮影して、数週間空いてということがあったので、体形維持も1つ大事でした」と苦労したことを明かし、「特殊メークも初めての経験だったので、大変でしたが楽しかったです」とニッコリ。

 「男性キャストの中で衣装が一番似合っていたベストドレッサー賞は?」との問いに武井は「やっぱり伊藤さんじゃないですか。鍛えていらっしゃいますし、一番近くでいつも撮影していたので、お似合いだなって思っていました」と答え、伊藤を喜ばせた。このほか、同イベントには山下智久(30)、小栗旬(33)、ケイン・コスギ(41)、加藤雅也(52)、小池栄子(35)、篠田麻里子(29)、三池崇史監督(55)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年3月9日のニュース