【15年高視聴率番組ベスト30】フジ1番組だけ 苦戦あらわに

[ 2015年12月29日 09:30 ]

浅田真央らが華麗な演技を披露した27日のフィギュアスケート全日本選手権の女子フリー

 2015年の高視聴率番組(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が出揃った。NHK紅白歌合戦、箱根駅伝など上位の顔ぶれは昨年と変わらず。ベスト30を見ると、フジテレビの苦戦ぶりが如実に表れた。

 今回は集計を1週間単位とし、15年の視聴率は14年12月29日~15年12月27日を対象とした。

 2004~10年まで7年間、視聴率3冠(ゴールデン、プライム、全日)に輝いたフジだが、近年は低迷。今年11月第4週のゴールデンでテレビ東京に抜かれ、民放最下位に転落する前代未聞の事態となった。

 15年の高視聴率番組ベスト30を見ると、フジでランクインしたのは1番組だけ。しかも、対象期間の最終日、12月27日の「全日本フィギュアスケート選手権2015 女子フリー」というのが、この1年の苦しさを物語る。

 昨年のベスト30には「笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号」(28・1%)「HERO」(26・5%)「サザエさん」(23・7%)「世界フィギュアスケート選手権2014女子フリー」(23・0%)の4番組がランクインした。

 今年は、4月改編でスタートした「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜後1・55)「みんなのニュース」(月~金曜後3・50)が不調。連続ドラマで全話2桁を記録したのは1月期「デート~恋とはどんなものかしら~」「銭の戦争」、4月期「ようこそ、わが家へ」、10月期「5→9~私に恋したお坊さん~」だけ。新旧バラエティー番組も視聴習慣を獲得したとは言い難い。

 年明けに判明する年間視聴率は、日本テレビの2年連続3冠が濃厚。12月第4週(12月21~27日)も3冠で、今年44回目の週間3冠。他局を圧倒している。

【2015年の高視聴率番組ベスト30】(14年12月29日~15年12月27日)
(1)42・2% 12月31日 NHK 第65回NHK紅白歌合戦
(2)28・3%  1月 3日 日テレ 箱根駅伝・復路
(3)28・2%  1月 2日 日テレ 箱根駅伝・往路
(4)27・2% 12月 4日 NHK あさが来た
(5)26・7%  8月23日 日テレ 24時間テレビPART10
(6)26・3%  5月30日 NHK ニュース
(7)25・4% 12月31日 NHK ゆく年くる年
(8)25・2% 11月19日 TBS 世界野球 日本×韓国
(9)25・0%  3月20日 NHK マッサン
(10)24・2%  3月 1日 日テレ 笑点
(11)23・5% 11月28日 NHK NHK杯フィギュア 男女フリー
(12)23・3% 11月 8日 日テレ ザ!鉄腕!DASH!!
(13)23・2% 11月 7日 テレ朝 フィギュアGP中国大会 女子フリー
(14)22・9%  9月12日 NHK おはよう日本
(15)22・7%  4月 7日 NHK まれ
(16)22・5%  8月21日 テレ朝 報道ステーション
(17)22・4%  2月 1日 日テレ 世界の果てまでイッテQ!
(18)22・3% 12月20日 TBS 下町ロケット(最終回)
(19)22・1%  1月24日 NHK 大相撲初場所・14日目
(20)22・0%  6月16日 テレ朝 サッカー 日本×シンガポール
(21)21・9% 12月31日 NHK NHKニュース7
(22)21・6%  8月21日 NHK ニュースウォッチ9
(23)21・5% 12月11日 テレ朝 フィギュアGPファイナル 男子ショート
(24)20・8%  3月 1日 日テレ 行列のできる法律相談所
(25)20・7% 12月13日 テレ朝 フィギュアGPファイナル 男女フリー 
(26)20・6%  1月23日 テレ朝 サッカー 日本×UAE
(26)20・6% 12月27日 フ ジ 全日本フィギュア 女子フリー
(28)20・3%  3月18日 テレ朝 相棒(最終回)
(29)20・2%  8月20日 NHK 全国高校野球選手権大会・決勝
(29)20・2%  8月22日 日テレ 24時間テレビドラマSP
※10分以内の番組は除く。レギュラー番組、連続ドラマは最高の回。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月29日のニュース