いきものがかり「いろんな気持ちが入り混じった『ありがとう』に」

[ 2015年12月29日 19:18 ]

「いきものがかり」(左から水野良樹、吉岡聖恵、山下穂尊)

「第66回NHK紅白歌合戦」リハーサル

(12月29日 東京・NHKホール)
 8回目の出場となる「いきものがかり」はNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の主題歌としてヒットした「ありがとう」を歌う。

 吉岡聖恵(31)は「(紅白は)独特な緊張感がある。ピリッと張り詰めた雰囲気を満喫できたら」と話した。「自分たちが大事にしてきて、ずっと歌ってきた曲」とし、「水木(しげる)さんもお亡くなりになられて、いろんな気持ちが入り混じった『ありがとう』になると思う」としながらも「曲自体は温かい曲。曲の良さを表現できたら」。

 リーダーの水野良樹(33)も演出的には「特殊なことはしない」といい、「『ゲゲゲの女房』の主題歌として多くの方に知ってもらった曲。まっすぐに届けるのが一番かなと思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月29日のニュース