たかみな イリュージョン失敗したら「卒業延期します」!?

[ 2015年12月29日 18:03 ]

取材に応じるプリンセス天功とAKB48

「第66回NHK紅白歌合戦」リハーサル

(12月29日 東京・NHKホール)
 8回目の出場となるAKB48はデビュー10年を記念したメドレーを歌う。イリュージョニストのプリンセス天功とのコラボで、イリュージョンも披露する。

 来年3月に卒業する高橋みなみ(24)は「去年も最後だとの思いで臨ませてもらったけど、今年も立たせてもらうとは思わなかった」と苦笑しつつ「10年でメドレーを披露させていただきますし、天功さんにもお力添えいただけますし、一生懸命成功させて、素晴らしいパフォーマンスをお届けしたい」。

 メドレーではほぼセンターで歌を披露することになるが「見える景色が違う」と笑った。そんな高橋のイリュージョンについて天功は「あっという間のAKBがテーマ」とし、「抜群のセンス。海外のアーティストよりセンスがある」と太鼓判を押した。

 ただ、高橋は生放送の「ミュージックステーション」でイリュージョンを失敗した経験があり、「最初、お話をきいた時はこれはまずいと。大きな音楽番組で失敗している身なので」と不安顔。それでも「最後の歌番組で、しかも紅白歌合戦。絶対に失敗は許されない。失敗したら卒業延期します」とまさかの発言で驚かせた。

 紅白での一番の思い出は大島優子(27)の卒業発表だという高橋。自身の卒業発表はあるか?と問われた小嶋陽菜(27)は「たかみなの最後の紅白なので私が出る幕はないのか、あるのか」とニヤリ。「(卒業は)今のところはないので、イリュージョンに失敗したら場つなぎであるかもしれない」と話し、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2015年12月29日のニュース