山下達郎「Gの音でない…続けるのは不誠実」半分で公演中止

[ 2015年12月26日 05:30 ]

盛岡でのコンサートを途中で中止した山下達郎

 山下達郎(62)が25日夜、盛岡市の岩手県民会館で行ったコンサートを途中で中止した。主催者側によると、原因は喉の不調で「このまま公演を続けることはお客さまに対して不誠実」と山下自身が判断し、公演を予定時間の半分の約90分で終えた。

 山下は「どうしてもGの音がでない。許されるなら、最初からもう一度、演奏したい」と呼びかけたという。振り替え公演を開催する予定で、チケットの払い戻しにも対応する。詳細は来年1月8日にキョードー東北のホームページで発表。26日の青森公演は予定通り開催する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2015年12月26日のニュース