M―1で光った「メイプル超合金」 オファー断るほど仕事殺到

[ 2015年12月13日 14:55 ]

「M―1グランプリ2015」王者の「トレンディエンジェル」たかし(左)と斎藤司

 今年も残すところ、あとわずか。NHK紅白歌合戦の出場者が発表となり、ジャニーズの躍進やももいろクローバーZの落選など、舞台裏はさまざま。昭和の名女優・原節子さんや「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親である漫画家・水木しげるさんの訃報もありました。そんなニュースの真相に覆面メンバーが迫ります。

 本紙デスク 5年ぶりに復活した漫才日本一決定戦のM―1グランプリ。敗者復活戦から勝ち上がったトレンディエンジェルが優勝したのは驚いたね。

 ワイドデスク お笑い冬の時代とか言われるけど関東地区の平均視聴率は17・2%(ビデオリサーチ調べ)と良かった。ハゲネタが特徴的だけど、どんなコンビなの?

 本紙デスク 斎藤司はエリートサラリーマンからの転身。たかしは秋葉原のメイドカフェが大好きでリアルに通い詰めている。芸人になったころから髪の毛は心もとないとか。吉本興業の養成所である東京NSCから初めて優勝者が出たので喜んでいる芸人も多い。

 リポーター テレビの出演依頼も60本以上、来ている。あとはバラエティー番組のフリートークで爪痕を残せるか。それができれば、また番組から呼ばれますからね。これからが正念場。

 週刊誌記者 男女コンビ「メイプル超合金」の凸凹ぶりも面白かった。南海キャンディーズ以来の異色キャラですね。

 本紙デスク ブレークの可能性は十分。現時点でオファーを断るくらい仕事が殺到している。個人的に注目していたのは関西の実力派「和牛」。2本目のネタが抜群だったらしいけど、温存して最終決戦に残れなかった。バックヤードで、そのネタ合わせを必死でやってたみたい。

 リポーター 一発勝負のコンテストは難しい。今年は審査員が、中田カウスやオール巨人らお笑い界の重鎮からM―1歴代王者になった。その点も影響はあったのかな。

 ワイドデスク 審査員の選考は難航したと聞いた。歴代王者も審査はプレッシャーが大きいので引き受けたくなかったようだ。それで直前まで決まらなかった。

 週刊誌記者 今年はコンビ結成15年以内がエントリーの規定だったけど、来年から10年以内に戻るという噂も。今後も試行錯誤は続きそう。

 リポーター ところで、前回大会まで実行委員長だった島田紳助さんはどんな気持ちで見ていたんだろう。周囲に聞くと、芸能界に戻るつもりもなく、悠々自適に暮らしているようだけど。

 本紙デスク 歴代王者の審査は良かったけど、今年は委員長的な存在がいなくて総評がないのが物足らなかった。M―1のウリの一つはヒリヒリする緊張感。審査にも絶対的な“重し”が必要と感じた。

 ワイドデスク 来年、大会委員長としてダウンタウンの松本人志が戻ってきたら番組も締まるだろうね。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年12月13日のニュース