理解に苦しむももクロ紅白落選 はっきりしないNHKの選考基準

[ 2015年12月13日 14:25 ]

12年、紅白歌合戦に初出場した時のももいろクローバーZ

 今年も残すところ、あとわずか。NHK紅白歌合戦の出場者が発表となり、ジャニーズの躍進やももいろクローバーZの落選など、舞台裏はさまざま。昭和の名女優・原節子さんや「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親である漫画家・水木しげるさんの訃報もありました。そんなニュースの真相に覆面メンバーが迫ります。

 本紙デスク サプライズのなかったNHK紅白歌合戦の出場者発表。ももいろクローバーZが選ばれなかったのが一番の驚きだったかな。

 週刊誌記者 会場でも資料が配布された後、記者が「あれ、ももクロはどうした?」とざわついていた。その時、頭をよぎったのは出場辞退。落選とは思いもしなかったね。

 リポーター 過去にアイドルが落選した時は「人気がなくなってきたからな」とふに落ちたものなんだけど、ももクロの落選はいまだに理解に苦しむ。今年も十分活躍した印象が強いんだよね。

 週刊誌記者 発表したシングル3作はいずれもオリコンチャート4位以内にランクイン。来年2月に始まるドームツアーも35万人超の動員を見込んでいて、女性アイドル屈指の動員力は衰えていないんだよね。

 ワイドデスク とにかくNHKの選考基準がはっきりしない。(1)今年の活躍(2)世論の支持(3)番組の企画・演出――を選考の条件に挙げているけど、ももクロより「活躍」も「支持」も欠いた出場者がたくさん選ばれているからね。

 リポーター ももクロは紅白の企画・演出にも積極的に協力していたように見えたしね。

 週刊誌記者 音楽関係者の間では、今年の制作者の個人的な感情が影響したと言われている。公には伝わりにくい話だから、ファンが納得できないのは無理もないよね。

 本紙デスク 出場者全体を見渡すと「NHKらしさ」はあるけど、「紅白らしさ」に欠ける印象なんだよね。歌唱力や音楽性の高さに定評のある歌手は多い。でも、紅白ならではのお祭り感がない。

 ワイドデスク 白組はジャニーズ勢が史上最多の7組も出場する。華やかになるんじゃないの?

 リポーター いや、ジャニーズのアイドルは東京ドームの「カウントダウン公演」が重なっているから、時間が進むにつれて減っていく。フィナーレまで何組が残るのか…。

 週刊誌記者 華やかなメンバーがほかの出場者や番組を盛り上げて、お祭り感を出していくのが紅白の特徴。それがなくなったら、民放の音楽特番と変わらなくなっちゃうよ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2015年12月13日のニュース