小林幸子出演イベント 炎と爆発音の過激演出で通報されちゃった

[ 2015年11月19日 05:30 ]

映画公開イベントに出席した小林幸子。炎を使った過激な演出

 歌手の小林幸子(61)が18日、都内で出演した映画「ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション」(20日公開)のイベントで、爆発音と炎の演出が想像以上に大きく、10人以上の警察官が駆け付ける騒ぎがあった。

 関係者によると、事前に消防や警察には許可を取っていたものの、驚いた付近の住民が通報。ケガ人などはなく、イベントは無事に終了した。過激な演出に幸子は「驚きました。熱かったですね」と振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年11月19日のニュース