横綱・日馬富士がMV初出演!KUNI新曲 ジャケットも描いた

[ 2015年10月29日 06:00 ]

KUNI(左)の新曲でミュージックビデオに初出演した日馬富士

 大相撲の横綱・日馬富士(31)がミュージックビデオ(MV)に初出演した。若手R&B歌手KUNI(28)の12月2日発売の新曲「願い叶(かな)うなら」で、横綱が目を潤ませるシーンがある。

 06年に母国モンゴルで交通事故に遭い亡くなった父ダワーニャムさんへの思いを、KUNIが日馬富士に代わって歌い上げたバラード。日馬富士は「この曲は自分の人生そのものだ」と心を震わせた。

 2人の交流は約10年前から。KUNIがドアマンとして勤務していた神奈川県内のホテルを、日馬富士がよく利用していたことから知り合い、場所後や巡業の合間に、泥酔するまで酌み交わす仲になった。

 昨年10月にKUNIがメジャーデビューした際に、日馬富士は自分のことのように喜び、「父への思いを代わりに歌ってもらえないか」と依頼。KUNIはプロデューサーとともに、父子の昔の写真やビデオを見たり、日馬富士の自宅を何度も訪問。父への思いが詰まった一曲が完成した。

 ♪願い叶うなら いつの日にか 生まれ変わっても あなたの子でいたい――。日馬富士は「作ってもらった曲なのに、自分が作ったようだ」と喜び、自ら故郷の風景をイメージして描いた油絵がジャケットとなった。

 MVには父との思い出の写真が収録されており、日馬富士が目を潤ませる場面も。完成試写で父の顔がアップになった瞬間には、感極まって号泣した。その場に同席したKUNIは「僕も泣いてしまいました。少しでも横綱の気持ちに近づけたらという思いで歌った曲です」と話している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年10月29日のニュース